つくば市の不動産に関するご相談なら、『センチュリー21タクミ不動産』へ!つくば市内全域および近郊エリアを中心に、不動産の賃貸仲介・売買仲介・管理を行っております。「お客様主義」をモットーに、お客様の不動産に関する「すべて」を全力でサポートします。
  





 定休日  水曜日・他
 営業時間 9:00~20:30
 E-Mail info@takumiestate.co.jp
 TEL:029-846-1211
 FAX:029-859-5556



  

  
HOME   希望条件登録   売却相談   賃貸相談   お問い合わせ   会社概要   弊社地図
 

【 賃 貸 相 談 】

いつ引っ越すのか?今後帰ってくる見込みがあるのか?ないのか?
賃貸に出す理由をもとに定期借家契約の検討をします。

期間限定でご自宅を貸したい方へ】(定期借家)
定期借家とは一定期間限定で貸す方法で、契約期間満了後更新がありません。
その代わり契約期間満了後再契約をして貸し出す事ができます。
一定期間後に帰ってくるなど転勤する方にお勧めいたします。


長期的にご自宅を貸したい方へ】(普通借家契約)
普通借家とは、一般的に昔からある貸し方です。
借主様は一か月前の退去予告で退去できますが、貸主様からの退去予告が困難です。
契約期間は2年が一般的ですが2年経過した時に借主様が求めれば更新しなくてはいけません。
   ↓   ↓   ↓   
査定 相場を知って、賃料の目安を立てる。(○○万円から○○万円)
貸し出すタイミングによって賃料が異なる場合があります。
今までの成約価格と現在の賃料価格が重要です。
マンションや一戸建の住宅はアパートと比べて特徴があり
供給数が少ないため、タイミングにより賃料の変化がございます。
賃料査定書を作成いたします。
   ↓   ↓   ↓   
住まいを貸すと、賃料が収入として入ってきますが、税金や管理費などの支出も考慮する必要があります。したがって、おおむねの収入と支出がどのようなバランスになるのかを試算しておきます。
(住宅ローンをご利用の方は金融機関の条件によって一括返済を求められる場合がございますので、
 事前にご相談することをお勧めします。)
   ↓   ↓   ↓   
敷金とは…】
貸主様に対する預かり金です。
  【1】 家賃を滞納して払えない場合の担保金
  【2】 退去時の原状回復費用(ハウスクリーニング代、破損個所の補修代金)の担保金
礼金とは…】
賃貸借契約の締結の際に賃借人(借主様)が賃貸人(貸主様)に対して支払う料金です。
(一部不動産業者の宣伝広告費に充てる場合があります)
   ↓   ↓   ↓   
賃貸に出す時に必ずやらなくてはいけないのがハウスクリーニングです。
借主様は賃料を入金してくれる大切なお客様です。
お客様が気持よくお部屋を選んでいただけるよう、畳表替え、襖の張り替えをします。
その他、汚れているところはクロスの張り替え、クッションフロアーの張り替えをしましょう。
その時に、住宅設備の不具合や故障個所があれば教えていただきます。
マンションの管理規約、使用細則、住宅設備のパンフレット、宅配ボックスの使い方、メールボックスのNO、
インターネットの方法(プロバイダー)なども教えて頂きますので資料をご用意ください。
   ↓   ↓   ↓   
【貸主様の募集】
  【1】 物件の図面作成
  【2】 ヤフー不動産、アットホーム、スーモ等のポータルサイトへの掲載
  【3】 弊社ホームページに掲載
  【4】 指定流通機構(*レインズ)への登録
  【5】 既存登録のお客様へのご紹介や新聞折込チラシの配布、ポスティングチラシの配布
業務処理状況の報告
敷金等の引渡し
   ↓   ↓   ↓   
賃貸借契約開始前に弊社スタッフが室内の傷、汚れをチェックし、お住まいの写真撮影を行います。
借主様が退去されるときに原状回復費用をめぐるトラブルを回避するために必要です。
   ↓   ↓   ↓   
入居後に問題を起こしそうな人に貸してしまうと後々大変なので、
それらを未然に防ぐためにも入居審査を行い、安心して部屋を貸しましょう。
一般的には【収入(手取り)の3分の1】まででなければ支払っていくのが大変だと言われています。

  個人が借主様になる場合は保証会社の審査を行います。
  保証会社の審査が通った後、貸主様とご相談をします。

  法人が借主様になる場合は入居申込書により法人の審査をします。
  その後貸主様とご相談をします。
   ↓   ↓   ↓  
重要事項説明書の作成及び借主様への説明
賃貸借契約書(宅地建物取引業法第37条に定める交付書面)の作成
賃貸借契約の締結補助
鍵及び貸室の引渡しの代行
   ↓   ↓   ↓   
■賃料等の請求及び徴収、未収金の督促
■月次清算報告書の作成及び報告
■近隣または入居者間の苦情相談及び対応
■建物・設備等の苦情相談及び現状確認
■各種苦情相談等に関する貸主様への報告・協議
■修理・工事等の手配及び工事費用の折衡
■改装部分の見積り手配及び工事費用の調整
■改装工事及び終了点検
■賃料滞納、契約違反者に対する法的手続きの助言
■管理規約等、関係書類の保管
■入居者賃貸借条件改定手続
■明け渡し時の意思の事前確認
■退去者への解約清算書の作成及び報告
■敷金の返還代行
■原状回復に関する助言
■明け渡し(退去)に伴う修理・工事等の手配
■明け渡し(退去)時の空き室点検
   ↓   ↓   ↓   
貸主様は部屋を借主様に使用収益させる対価として賃料を収受しています。
しかし、貸している部屋やその設備に破損、毀損などの不具合が生じた場合、
貸主様は使用収益が困難になったり支障をきたしたり、不可能になってしまいます。
そのような状態を解消する為に貸主に一定の修繕業務があります。
   ↓   ↓   ↓   
建物賃貸借契約では賃貸借契約終了時の賃借人の明け渡し業務として、
物件を「現状に回復して明け渡さなければならない」旨の規定があります。

『貸主様がこの原状回復義務条項に基き、畳表替え、クロス張替え、鍵交換等の費用を敷金から控除して
 清算しようとしたところ、そのような費用の控除は認められないと借主様が争う・・・』

これが原状回復をめぐる紛争の典型的な形です。
(原状回復のガイドラインの貸主様負担となるもの、借主様負担となるもの等をご参照ください。)
   ↓   ↓   ↓   
不動産取得(家賃・礼金等)から経費(固定資産税・都市計画税・借入金の利息・火災保険料・建物の減価償却費・リフォーム代金・不動産会社の管理費等・分譲マンションの管理費等)を差し引いた金額が所得金額です。
海外に転勤なされる方は、納税管理人を選任していただきます。
借主様が法人契約の場合源泉所得税20%が課税されます。
トップ免責事項個人情報保護方針